遅延フィード

遅延フィード機能を使用すると、サーバはパッチをそのリリース後に、ある設定した時間が経てから受け取ることを確実にします。それによってリリース後に起こりうるクラッシュから守ることができます。 遅延フィードを実装するには、 PREFIX=’N’h/etc/sysconfig/kcare/kcare.conf に追加します。

PREFIX=prefix : パッチソースのプレフィックスで、これは、異なる場所からビルドをダウンロードすることによって、異なるビルドをテストするために使用されていました。

以下のオプションがあります。:

PREFIX=12h
PREFIX=24h
PREFIX=48h